次世代育成支援行動計画

社会福祉法人慈照会では、次世代育成支援対策推進法に基づき、職員が仕事と生活の両立ができるよう働きやすい職場環境づくりを推進しています。平成23年2月1日~平成26年1月31日に下記の一般事業主行動計画を実施いたします。

目標

(1)子どもがうまれる際の父親の休暇の取得促進します

実施期間25年1月22日~26年1月31日

対策 対象職員に配偶者の出産休暇は特別休暇としている事など制度の周知を図り制  度周知を徹底します

(2)男性の育児休業取得を促進するための措置の実施

実施期間25年1月22日~26年1月31日

対策 職員研修を行い、男性でも育休がとりやすい環境づくりに取り組みます。又対象職員には制度の説明をし、育児休業を取得するよう促します。又1名以上の取得をめざします

 

(3)所定外労働の削減のための措置の実施

実施期間 25年2月10日~26年1月31日

対策 就業時間の適正化にむけてポスターなどで職員に通知します。ノー残業デーを実施します